2016年02月22日

背が高いと、なんでも有利っていうわけではない。

背の高い、低いが、自分がしたいことに関係することがありますよね。

あることをしたい、習得したいために学校に入りたい、教育を受けたいけれど、身長制限っていうのがあったりっていうことがあります。

相撲も、そういうのがありますよね。ある一定の身長の高さがないと、審査みたいなので通らないっていうのが。

主に、運動系で、そうした制限があるのでしょう。

運動系でなくても、演劇をするようなところだと、150台だと、ある種の演劇では難しいのかな。

おそらく舞台に立ったときに見栄えがするようにとか、周りの役者たちとの兼ね合いとかあるんでしょう。

演劇では、全部がそうした制限があるわけではないですよね。小さいことが良かったりっていうこともあるでしょう。

身長は高いほうが、なんでも有利かっていうとそうでもないですよね。たとえば、F1の運転手は、背が小さいほうがいいとされています。

あの狭いコクピットに入る身体でないといけないし、それに体重が軽いほうがレースで有利に立てるんじゃないでしょうか。

こうした業界もありますが、たいていは身長が高いほうがいいっていう場合が多いでしょう。スポーツでは、とくにその傾向が強いです。

それで、部活動をしている学生は、身長のことが気になったりするわけですね。

「子供用のアルギニンサプリ購入した。中学生の息子が飲んでます。」
このホームページでは、そんな気になることについて掲載されています。

まあ、まずは質のいい食事をしたり、ちゃんとその年代にふさわしい睡眠をとるなどのことをしたいですね。


同じカテゴリー(方法)の記事
 子どものころ、家でFMが流れていました。 (2016-02-02 13:38)
 日中は、活動しておきたいですね。 (2015-12-07 13:02)
 古楽が気になったりしています。 (2015-10-06 19:36)
 帰宅する前に、リズムのいい曲を聴くと。 (2015-10-01 11:40)
 レコメンド機能が充実した配信サービスがいい。 (2015-09-27 16:57)

Posted by さがす at 08:51 │方法